あらら窯は陶芸体験・陶芸教室・陶器販売のお店です。

体験:3000円/粘土1kg、焼成代込み/送料別。
教室:1000円/2時間、焼成代込み、粘土別売り(1000円/1kg)
営業時間:10時〜17時入(店舗閉め19時)

シーサー、食器・花器、アクセサリーなど作品の形は自由です。。
電動ろくろ、釉薬完備。海を見ながら宮古島のゆったりとした時間をお過ごしください。

検索:カーナビでは「沖縄県宮古島市平良西里1−24」または「宮古神社」、「祥雲寺」で検索してください。
お問い合わせ・ご予約電話番号:090−4646−3311
お問い合わせ・ご予約E-Mail:nag-mic★mars.sannet.ne.jp (★を@に変えてください)
代表:牧田永利(まきたながとし)

20140724_170851.jpg

20171014_180205.jpg

IMG_20171105_093626_602.jpg

20170709_183800.jpg

20130412_123603.jpg

10296729_403672336438781_5562472963137139728_n.jpg

1510912045495.jpg

IMG_20170609_005228_469.jpg

10547528_432419690230712_2970976070364505243_n.jpg

10274124_404084813064200_2038422344240275605_n.jpg

10409489_403672139772134_5460705274038182497_n.jpg

ホームページ用.jpg

あらら窯_陶芸教室.jpg



あらら窯はヨガスタジオ・ククルと併設です。

【ククル&あらら窯】_201801用_体験8分の1.png

屋内で楽しめる宮古島のnewスポットとして誕生しました。
奥様はヨガ、お子様、お父様は陶芸など同じ空間でそれぞれのご趣味に合った時間をお過ごしください。
ヨガお問い合わせ・ご予約電話番号(陶芸・ヨガ代表電話):090-4646-3311
ヨガお問い合わせ・ご予約E−Mail:nag-mic@mars.sannet.ne.jp
代表:牧田美香(まきたみか)

2012年12月18日

あらら窯商品について

あらら窯 商品及び陶器についての解説・注意事項

1. あらら窯商品の表示サイズについて
・Web上の写真にて購入判断をしていただく都合上、色合い、質感などが現物を正確に表現出来ておりませんことを予めご了承下さい。
また、手づくり陶器という商品の性格上、現物には、ゆがみ、小キズ、釉薬のピンホール、色むらなどがありお客様のご希望と異なる場合も想定されますが、これらは作品の景色であり手づくりの魅力ですので、写真との色合い、質感の違いを含め返品対象・不良品扱いにはなりませんのでご注意下さい。
・商品に記載のサイズは定規による目測ですので、全て「約」のついた寸法としてお考えください。

2.陶磁器使用上の警告注意表示
・陶磁器は急激な温度変化に敏感です。急熱、急冷を避けて下さい。破損事故の恐れがあります。
土鍋のような「直火可」と明記した商品以外は、コンロなどによる加熱は出来ませんのでご注意下さい。
・上絵付が施されている器、特に金彩や銀彩の器を電子レンジで使用すると黒く変色したりスパークをおこすので、電子レンジは使用出来ません。
上絵付が施されていない陶磁器でも、陶磁器の無釉部分に水分が染み込んでいると、電子レンジの加熱で水分が膨張して割れる可能性がありますので、商品を電子レンジに入れる事は避けて下さい。
商品を電子レンジに入れたい場合は、自己責任でお願いします。
・テーブルの上など、傷がついては困る物の上で商品を引きずらないで下さい。
商品の高台などで相手側に傷が付く事があります。
・ 陶磁器は衝撃に弱いので投げたり落としたりしないで下さい。破損します。
・ひび(貫入を除く)が入っている陶磁器はご使用にならないで下さい。
本来の強度を失っていますので破損や水漏れなどの恐れがありますす。
・傷、割れ、かけのある陶磁器はご使用にならないで下さい。体や物を傷つける恐れがあります。
・陶磁器を廃棄される場合は、通常、不燃物ごみとして処理します。お住まいの地域で特別の指定があればそちらに従って下さい。

・陶磁器のご使用後は、早めに付着した食べ残しや油汚れをペーパータオルなどで拭き取りお湯で流します。陶磁器は吸水性が高いため浸け置き洗いは厳禁です。
他の食器から出た汚れをつけておく間に吸収してしまい、カビやシミ、臭いを発生する原因となります。
柔らかいスポンジに中性洗剤をつけてぬるま湯で優しく洗い、よく乾燥させることが重要です。
・陶磁器は吸水性があります。水分が残ったまま収納してしまうとカビが生えてしまうことがありますので、十分に乾燥させてから保管してください。
表面は乾いていても、土は水分を含んでいるので、風通しのよい場所にしばらく出しておきます。
特に長い間収納する場合はご注意ください。
・お子様の手の届くところに置かないで下さい。
陶磁器の破損や怪我などの事故につながる恐れがあります。


3.陶磁器について一般的に言われていること
・陶磁器の貫入について
陶磁器は焼成により土と釉薬の両方が収縮するのですが、素材が違うためその比率が違ってきます。このため、釉薬に細かい「ひび」が入ります。いわゆる「貫入」が入ります。
貫入は焼き物の傷と勘違いされますが、釉と素地の収縮率の差により焼成後の冷却時に生じた釉のひびであり、傷ではありません。
貫入は、陶磁器の景色として人工的に入れる場合もあり、実用性ではなく美術的な意味を持つものです。(あらら窯の商品にもこの「貫入」が入っている、或いは今後、経時変化で貫入が入りますことを予めご了承下さい。)
・陶磁器のご使用前に行うこと
普段はご使用前に水につけて、充分水を吸わせてからご使用下さい。
初めてご使用になる前に米の研ぎ汁で煮沸をすると土の目が埋まりますので、汚れが染み込みにくくなります。そのまま使うと醤油やコーヒーなど食物の色素が染み込んで落ち難くなり、カビの原因ともなります。
土鍋を初めて使う場合は、外側の水気をふき取り、中に水を張って弱火で沸騰させます。水の中に米を入れてお粥にして炊く方法や米のとぎ汁を煮立てそのまま一晩冷ます方法はさらに効果的です。米のでんぷん質が土鍋の小さなすき間を塞ぎます。
・陶磁器の手入れについて
陶磁器に汚れが染み込んだ場合は市販のキッチン用漂白剤で効果があるようです。
ただし、上絵付が施されているものは変色する可能性がありますので、漂白剤の使用は避けます。
ラベル:商品説明
posted by あらら窯(アララガマ) at 00:00| ショッピングガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。